建具工事

当社では、建具工事だけのご依頼も承っております。
建具工事とは、建設業許可制度で定められている28業種のうち専門工事の1種で、工作物に木製または金属製の建具等を取付ける工事のこと。

お住まいでいうと、サッシ取付け・カーテンウォール取付け・シャッター取付けなどがこれにあたります。
皆様のお住まいで、「防犯のために窓にガラスのサッシを付けたい」「扉を横開きの引き戸に変えたい」「無垢材の扉に変えたい」といったお悩みをお持ちの方がおられましたら、ぜひ当社にお任せください。
業歴35年以上の豊富な経験を持つ職人が、お客様のご要望に合わせて、ぴったりな建具をご提案・施工いたします。

また、サッシやシャッター、その他の建て付けが悪いところの補修も行っておりますので、気になるところがございましたら、お気軽に当社までご相談ください。

 

■ こういったところはお任せください!

● 金属製建具取付け工事
● 木製建具取付け工事
● サッシ取付け工事
● 金属製カーテンウォール取付け工事
● シャッター取付け工事
● 自動ドアー取付け工事
● ふすま工事

※その他、ご要望がございましたら、お気軽に当社までご相談ください。

【 金属製建具工事 】
「金属製建具」は木で製作する「木製建具」に対する表現で、鉄・アルミなどの金属で製作するサッシやドアのこと。
そこに加え、樹脂で製作するものも含まれています。

【 木製建具工事 】
木製建具は、基本的に木材で作った建具(戸・ドア・扉)のことで、主に家の内部にある仕切り部分。
開閉方式は、引戸タイプ・開戸タイプ・折戸タイプなどに分かれます。
木製建具は種類が多いのですが、洋間が増えた現代の住宅では、化粧合板で表面を仕上げたフラッシュ戸が主流。

フラッシュ戸とは、骨組みの両面に合板などを接着したドアのことをいい、扉にガラスをはめ込んだものや下部に換気用のガラリをはめ込んだものなどがあります。

【代表直通】 090-1586-0080
【事務所】 0748-86-4659
【メール】一覧ページに戻る